Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
奇術的に志望動機を書いて見よう!の巻。
志望動機を書いてみようwwwwwwとかにした方が良いかも知れぬ。
ちゃんと研究してたとか、
やりたいことが明確にあるとか、
優秀な成績をとってる人とかはそっちを使うことをお勧めする。
まぁ普通はあるはずだよね。だからこそ志望するわけだし。

学生時代、手品以外にはあまりたいしたことやってなくて、
研究は真面目にやってるけども就職とは全然関係ない分野で、
なんとかして志望動機をひねり出さなければならない人は参考程度に。


 いわゆる就活本はまったくといっていいほど読まなかったが、先輩が以前聞きに言ったセミナーのレジュメはおおいに参考にした。

 それによると、志望動機といえば「○○がしたいからです!」と書いてしまいがちだがそれだけでは駄目であるとのこと。大事なのは「必然性」と「相手の利益」を演出できるかだそうだ。こうこうこういう理由なので御社しかないのですよ、という必然性。そして「私が入社すれば御社にとってもこんな利益がありますよ」という「相手」の利益。いわゆる「Win-Winの関係」ですね。この2つをもりこんだ志望動機が理想であるらしい。

こういうことがしたい
こういうことをしている会社はいくつがあるが中でも御社は○○
だから御社しかないのですよ
私はこういうことができる
だから雇ってくれたらこういうことができると思う
そういうことができた私はハッピー
経営理念ぴったりの御社もハッピー
みんなハッピー。
ここに就職するしかない!

みたいな感じか?

ちなみに実際に書くときはまず紙の左側に「自分のやってきたこと、やりたいこと、できること」を書き、右側に会社案内で調べた「その会社の求める人材像」を書いてみて、その共通する部分を用いて書いていけばいいそうだ。実際やってみるとかなり難しいが、それでも何の考えもなく書くよりは遥かに楽で、遥かにいいものができると思う。お勧め。


ここまでは一般論。
で、奇術からむりやり話を持っていこうという話。
奇術が好きなのです!といったところで「じゃぁ手品師になれよ」といわれるのがオチ。そこでちょっとひねってこういう感じで攻めてみればどうか。

・奇術が好き→伝えること好き
 奇術といえば不思議なもの、騙すものであるがそれ以外にも重要な側面がある。それは「伝えること」。お客様なしにして奇術は成立しない。我々は伝えることに熱心だ。いかによく見せるか、面白く見せるか。練習のほとんどはこの部分だといってもいい。魔法のような現象に憧れて奇術をはじめたけれど、ひょっとしたら私は奇術の「不思議」部分よりも「伝える」部分がすきなのかも・・・そうだ、そうに違いない!
 ・・・という話から志望動機にもっていく。「感動を伝える仕事がしたい」とか「ものをよりよく見せる仕事がしたい」とか「人に直接伝える仕事がしたい」とか。人と関わる仕事ならなんにでも適用できるんじゃないですかね。ちなみに「物をつくる」仕事の場合は「商品で感動を届ける」という風に変化します。私はこのパターンでした。で、そういった仕事ができる業界は玩具業界だ!と続いていくわけです。


 私は工学部なのでそんな話も交えつつ、「『人を楽しませたい』という想いと『ものをつくりたい』という想いが両立できるからです」という感じでまとめていました。「じゃぁテンヨーさんに行けば?」といわれたのは先日述べたとおりw


 ちなみに院まで進学すると「なんでそっち(研究を生かせるところ)にいかないの?」という負の志望動機も聞かれます。「研究きらいになっちゃった?」とかwいやーまいったまいった。「そういう経験も生かしつつ、他の興味も十分に生かしていきたいからです」くらいしかいえんわな。


というわけで今回は手品要素少なめ。
 最初に書いた条件を満たすような立派な志望動機を私がかけたかどうかはかなり怪しい。やはり「相手の利益」を演出するのは難しいですね。今見直してみるとそれなりに痛い。まぁ徹夜のテンションで書いてるからなぁ。何社か出してるけど後に行くほど上手くなってる気がする。やはり慣れがでてるのか。しかし内定が出たのは最初に提出した会社だしなぁ。わからんもんです。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

あ、たしかに「伝えること」は書いた!なるる。
それにしても、学業に専念してれば苦労することもなかったろうに、とも思うww

  • 2008/01/23(水) 15:42:44 |
  • URL |
  • あぶく #-
  • [編集]

 まぁ学業に専念していればこんな分野に就職していなかっただろうなぁ。
 そう思うと出会いの重大さと大切さを実感します。あの時、あの人に会わなければ自分はこうならなかった。のほほんと生きてるようでも、劇的な瞬間はそこここに満ち溢れているのですね。

  • 2008/01/25(金) 01:38:34 |
  • URL |
  • 遊 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。