Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
奇術マニアの就職活動日記(略してキジュシュ)2回目。


「サークルは奇術研究会でした」
 こういうだけで多くの面接官は興味をもっていろいろと質問してくれる。正直おいしいと思う。集団面接のときは周りのみんなに羨ましがられた。しかしやたらと奇術について聞かれたり、最悪の場合実演を求められることもあったりするという諸刃の剣。


そんなわけで私が実際に聞かれた奇術的な質問と、
私が実際に答えた答えをご紹介。

「何人くらいいるの?」
「どんな活動してるの」
「どうやって覚えるの?」


 ここら辺は正直に答えればいいと思います。面接官も純粋に好奇心で聞いてるだけだろうし。ただ、「30人くらいです」とシンプルに答えるよりは、「30人くらいですね。昨年とかはマジックブームの影響もあって結構たくさん入ったんですけど云々」というふうに多少なにか加えて答えた方がいいように思う。相手もその方が拾いやすいだろうし。

 ちなみに集団面接では一つ聞かれただけで鬼のように喋りまくる輩もいます。そんなことまで言わんでも・・・っていうくらいに。内気な私としては軽くひいてたわけですが、同時に「あぁ、あれくらいアグレッシブやないとあかんのかも」と心配になったりもしました。まぁ要は空気を読めるかどうか、なんでしょうね。難しい。ちなみ喋り捲るタイプの人、けっこう多いです。圧倒されないように頑張りましょう。



鳩出せるの?

定番中の定番。鳩演者経験者でないならば「だせません☆」と笑顔で言ってやりましょう。笑顔がポイント。稀に「あれってやっぱ袖とかに隠してるわけ?」とつっこんだ質問をしてくる人もいますが「秘密です。ばらしたら日本奇術協会から怒られるんですよ」とでも言ってやればいいと思います。ついついいつもの癖で「日本奇術協会から刺客が送られてくるんですよ~」と言いそうになった。危うし。


やっぱ器用なの?

 「マジックやってるものの感想としてはマジックの上手さと器用さはあまり関係ないと思います。もちろん器用じゃないとできないようなめちゃくちゃ難しいのもありますけど」くらいか。さらに「ほとんどのマジックは器用さよりも練習量だと思います。マジックをやってる人には粘り強い人が多い気がします」とか言っておけば暗に自己PRになる?
 まぁ実際のところ器用さは上達の速さとして現れると思う。しかしゆっくり習得したほうがいろいろとプラスになることもあるし、やはり一概には言えない感じか。もちろん上で述べたように変態的に器用でないと演じられない奴もあると思うけどw


セロとかのやってる奴ってわかるわけ?

 「わかるのもあればわからないのもある、といった感じですね。マジシャンなら誰もが知っているようなものもありますし、あの人のオリジナルもあります。オリジナルに関しては正直全くわかりません。不思議です」くらいかな。Mr.マリックに関して聞かれたときも同様。あまり偉そうなことはいいたくないなぁ、というスタンス。それでも「ああいうのやらなきゃ駄目だよ~」とか言われるとちょっとむっとする。


最近ブームだよね

 私の頃はまだまだマジックブームだったのでやたらと言われた。来年以降も言われるかどうはわからないけど。「そうですねー。でも最近はすこし落ち着いてきた感があります。引田天功とかマリックとか、何年か周期でブームは来るみたいなんですよ。マジックが流行するとマジックを見る機会が増えて嬉しいんですけども、しょうもない手品や種明かし番組も増えたりするので一長一短です」くらいかな。
 ちなみにマジックブームは約10年周期だそうな。クロースアップ(最近)→種明かし問題(10年前)→Mr.マリック(20年前)→引田天功(30年前)。まぁ正確には全然10年じゃないし、種明かし問題とかマジックファンの間以外では全然問題にならなかった気がするのでこの説は信じるに値しない。飲み会での話のネタ程度ですな。


なんでマジックやろうと思ったの?

 曲者な質問。「なんとなく」というのが本音だと思うのだけれど。「子供の頃近所の商店街にマジックを実演販売してる人がいたんです。あまりに不思議だったんで強烈に印象に残っていたんですね。で、高校生のときにおなじ手品に再開してそのネタを購入したんです。そしたらそのタネの単純さに感動してしまって。ああ、こんな簡単に人は騙され、楽しめるんだ・・・と。それからいろいろ買ったり練習したりするうちに気がついたらはまっていたといった感じですかね」ちなみにほぼ実話です。そのネタはチャイナリング。同時に買った掌中のハンカチーフもものすごい衝撃でした。
 私は玩具業界だったからこの後ギミックの方向で話をまとめたけど、接客とか営業とかはエンターテイメント性でまとめた方が良いかもしれない。まぁなんにせよ「はまったきっかけ」をいかに「今の自分、志望動機」にもってくるかだと思うのですね。「先輩に勧誘された」というのがきっかけでも「じゃぁなぜ手品がすきなのか」という流れから派生させれば何とかなると思います。


テンヨーさんはうけないの?

 玩具業界だからか?さすがにそんな質問は予想してなくて「手品だけでなく玩具とか雑貨とか、幅広いものを作ってみたいので・・・」とおたおたしながら答えた。あとから知ったのだけれどテンヨーは手品とパズル以外にもいろいろつくってるんですよね。今思えば応募してみてもよかったかもしれん。ただ求人案内のページのハードルが高すぎた。なんとなく「経験者募集」な感があるし。連絡先下村さんだし。誰かチャレンジしてください。


 これくらいか。もちろん実際は「えー」とか「あー」とか入っちゃってたし、もうすこしくだけた言葉で話してました。目を見て話す(相手のネクタイの結び目でも可)というのは手品と同じだから平気だったのだけど、きついのはきちんと座ること。30分近くスーツできちっと座るのは私にとって拷問でした。そんなひと多いんじゃないかなぁ。


手品とは関係ないけど一番嫌な質問は
「他社の選考状況を教えてください」というやつ。
 ある就活本には「おちた企業はいうな」とか書いてあったけど、「○○は受けてないんですか?」ときかれたら嘘つくのはいやだし、それで言ったら隠してたみたいだし。けっきょく正直に言うしかないのかしら。選ぶ側として聞いておきたい気持ちはわかるけど、できればそっとしておいて欲しいw

 「手品以外の趣味や特技はありますか?」ときかれることもあるので何か準備しておいた方がよい。できれば手品とは関係ないけど志望動機にもっていけそうなものを。まぁ趣味なんて準備してつくるもんじゃないけれど。「尊敬する人は誰ですか?」の質問はされなかったけど、さすがに手品師の名前をあげるのは自重しようと思っていた。「まったく広がりのない奴」と思われるのも嫌だったから。で、いったい誰にするか悩みまくった気がする。あんまり知らない人をでっち上げて突っ込まれてもこまるし。(例:新庄選手です!→へぇー、阪神時代から人気だったもんね。背番号は・・・何番だったっけ?→( ̄□ ̄;)!!)そんなわけで尊敬する人も多少は考えておいた方がいいのかも。


次回は手品的な志望動機について。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。