Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
気がつけばそろそろ就職活動シーズンか。
せっかく体験したんだから就活内容をまとめておこうと思う。
玩具業界に進もうかなと思う人のヒント・・・・にはならないと思うけど
奇術研究会の就職活動ヒントにはなるかもしれないので。

最初は時期とか基本的な知識を。
時期に関しては玩具業界、ということで。

 動き出したのは11月くらい。大阪で開催される合同説明会とか大学で開かれるイベントとかにちょこちょこ顔を出し始めた。私はこの時期にはどこに就職したい!というのはあまり決まってなかったように思う。スケジュールの都合が合えばふらっと見に行ったり、友達が行くというならついていったりした程度。まぁなによりイリュージョンに必死だったし。上回で演者やってるとそうなります。マスコミとか選考が始まるのが早い業種を目指す人はがんばれ。そうじゃなければ余裕。
 ちなみにこのてのイベント(大阪とかで開催されるやつ)はいろんなレベルの大学からいろんな人がくるのでいとおかし。「ちょwww必死すぎww」というような奴もわんさかいるし、説明会始まった瞬間爆睡する奴もいる。まぁ必死なのは良いことなのだが寝るのはちょっとひどいな。先着順とかで参加できない人もいるというのに。あとカップルで行動していると周りの連中ににらみつけらる(ような気がする)。

暇なときにこれとか読むと面白い。
元気が出るかなくなるかはひとによるけれど。
就職活動で見たすごい奴まとめサイト


1月~2月
 玩具業界は説明会やエントリーシート提出がスタート。いくつか書いたけどバンダイ以外はとくに変なのなし。バンダイも冷静に見ればまぁそんなに変ではない。一番の笑顔の写真を貼って題名をつけなさい、とか。
 エントリーシート書くスピードは人によると思うけど、私は基本1社/1徹夜だった。一晩で一つ書ける。この時期は大学のテストやレポートがかぶったりしてけっこう厳しかったのを覚えている。余裕があるならとりあえず早く書いとけってことですね。締め切りギリギリになるといっきに届くからちゃんと読んでくれない・・・なんて噂もありますし。まぁ私は全部ぎりぎりで速達で提出しました。
 ある人に言わせるとエントリーシートは夜中に書くのが良いらしい。曰く、「テンションあがってめっちゃ強気なことがかける」そうな。ふむ確かに一理ある・・・か?

 ウェブ上でエントリーシートを提出する会社も結構あるが、やはり郵送提出が多い。郵送の時には添え状というものを一緒に書いて出す。「提出します、よろしく」みたいなものを書いたお手紙。これがどれくらい重要視されてるのかはまったくわからんけど・・・。ちなみに最初に提出したときはそんなこと露知らずエントリーシートだけをばーんと送りつけた。で、そこに内定した。うちの内定先はまったく重要視してないってことですかね。
 文面はウェブでさがせばいくつか出てくるけどなかなかめんどい。出す直前になって書いてないと確実にパニックになるので早々と作っておくことをお勧めする。一度作ってしまえば使い回しがきくし。

 ちなみに私が書いたのはこんな感じ。

拝啓
 貴社ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。
私、先日○○(リクナビとか)でエントリーさせていただきました、
△大学□学部☆専攻の遊と申します。
ご指示のありましたエントリーシートをお送りいたしますのでご査収ください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
敬具

 うろ覚えなので怪しいし、これが良いかどうかもわからない。ウェブ上で検索するともっとかっこいいのやごついのも出てくるが、自分用に書き直すのがやたら難しくて諦めた。結果上記のようなあっさりとしたものに。うーん、これってじっさいどうだったんだろう。


3月~4月
 面接やグループディスカッション。東京にいく回数も増える。交通費は支給されたりされなかったり。行きは新幹線、帰りはバスというのが貧乏学生にはお勧め。面接で疲れが顔に出たら嫌だし。
 同期の連中はこのへんで推薦が決定し、がんがん内定がでた。たいして就活してないくせに・・・と殺意を覚えたものである。

 グループディスカッションは一回しかしなかった。その一回で落ちたから私は下手らしい。うっかりまとめ役になってしまった。その一回で学んだのは

・リスクを背負ってでもまとめ役をやるべき
・意見をうまくまとめて短い時間で話す練習をしておくべき
・多数派に属して少数派を上手に説得するのがポイントをかせぎやすい

くらいかなぁ。1つ目はまとめ役が失敗したら後々後悔するから。2つ目は最後に「じゃぁ決まったことを1分で発表してください」といわれるから。これは練習してないとかなりきつい。失敗すると周りから恨まれる。3つ目はなんとなく。私はかなりの少数派に入ってしまったのでかなりきつかった。常識というか価値観が人とずれてるとこういうところでダメージをうけるようだ。まぁべつにいいんだけど。


 面接はもう会社によってまちまちなので作戦を立てるしかない。みんなの就職活動日記、とかを参考に。面接のノウハウ本も何冊か読んだ。ざーっと読んだ程度だけど。多くの本はただの人生論みたいになってるから、なんとなくでも自分の生き方を考えてる人はたいして参考にならない気がする。まぁ読みものとしてはそれなりに面白い部分もあるし、練習にはなると思うので読んで損はない。

 本で読んだ中で面白いなぁと思ったのは「祖父母の名前をフルネームでいえますか?」というもの。言えない自分にびっくり。何を意図した質問だったかはすっかり忘れたが、なんというかスキをついてくる恐ろしい質問だと思う。この質問されなくて良かった。されたらパニックだっただろう。

院生で自分の専門分野以外に行く人は「なんで院?なんでうちに?」と確実にきかれるので準備しておかないときつい。まぁこれがこたえられないくらいなら最初から推薦けって違う分野に行ったりしないけどね。

 奇術研究会のひとはほぼ確実に手品に関しての質問が飛んでくるので準備しておくこと。これを綺麗に打ち返さなくてはつまらない。


で、4月中~5月くらいに内定、と。

 奇術的な面接とか志望動機は次回、まとめて。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

 あ、こういうの読むのおもしろい。
 「みん就」で内定者の志望動機をざっと流し読みするのを友人がやってました。『その会社が自社をほめられて納得しやすいポイント』がならんでるそうです。比較するとおもしろかったような。

 ・・・ま、僕は推薦でバシっといっちゃったんですが。

  • 2008/01/10(木) 03:33:31 |
  • URL |
  • あぶく #-
  • [編集]

うわ~ありがとうございます!
すごく勉強になります!!なんかもっと簡単なのかと思ったらそうでもないんですね…う~↓↓

手品の質問とかどうしようもない…orz

  • 2008/01/10(木) 09:06:50 |
  • URL |
  • Aqua #nxB/PJ6Y
  • [編集]

まぁせっかく体張ったネタなので誰にも語らずに終わるのはもったいないかなと思って。
ぽちぽちと連載してみます。

  • 2008/01/11(金) 19:58:15 |
  • URL |
  • 遊 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。