Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
最近練習しているもの


ハラダホールド
やりすぎで手首が痛い。だいぶナチュラルに動くようになってきた。研究室の先輩に見せたら
「何が新しいのかわからんけど、その顔を見たら新しい技だということがわかる」
とのこと。一般の方がマニアの手品を見たときの感想として実にわかりやすい。


コインアセンブリ
今までは
アセンブリ→リバース→アセンブリ
と言う流れで見せていたのだけれど
アセンブリ→アセンブリ→リバース→アセンブリ→リバース
と言う流れのお話を思いつく。さすがにくどいか。とはいえ移動の方法が(演者側からでなくお客様から見て)違って見えるようになっているとは思うので、自分なら面白いと感じるだろうなぁ。このあたりの感覚はなんとも難しい。


コインズアクロス2種
 どちらも3枚のアクロスで、ふじいさんのやつと、緒川さんのやつ。さすがに半年近くやり続けているとだいぶ安定してきた。最近は積極的にお客様に見せるようにしている。

コインズアクロスで大事なのは
・どっちに何枚握ったか認識させること
だと思う。この視点から考えれば両手別々に握りこむのが望ましい。左のコインは左手で、右のコインは右手で。しかし実際にはそういった手順はごく一部にしかないので、右手でコインを左手に渡す(あるいはその逆)ということになる。この時渡す動作はもちろん重要だが、次に別のコインを持ったときの扱いもかなり重要であろう。
 何言ってるか非常にわかりにくいと思うが、パスそのものだけでなく、その後のディスプレイ(サトルティ)が現象のわかりやすさに大きく関係するだろうなぁと思ったと言う話。うん、それだけ。自分のためにメモ。 



ヘンリークライストの4A
 昔のノートをあさっていたら、当時やっていた演出とともに記されていた。なかなか面白いじゃん。なんで最近やらなくなったのだろうか。やはりテーブルホップでできないものが淘汰されたのかなぁ。とは言えこれくらいならマットがなくてもなんとかできる気がする。これも何かの縁だろうし、何回か人に見せておこう。




 そんな感じ。圧倒的にコインばかりだ。カードの扱いがかなり下手になっていた。まんべんなく練習せなあかんなぁ。





 ふとテレビをつけたら「げんしけん」をやっており、卒業式の回だった。この漫画は大学生の描写が本当に巧い。我々の日常もそう変わらないよ。運動系サークルなら違うのかもしれないけど。
 あぁそれにしても自分もあと数ヶ月で卒業してしまうのだ。なんというか、大学生のサークル独特のあの雰囲気を味わえるのもあと少しなのかと思うと、無性に悲しくなる。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

アクセス数を上げるために当コミュニティサイトに登録しませんか?
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。

参加するにはこちらからが便利です
http://blog.livedoor.jp/prfieeel/?mode=edit&

  • 2007/11/23(金) 04:39:22 |
  • URL |
  • みんな の プロフィール
    #-
  • [編集]

宣伝乙。

  • 2007/11/24(土) 00:27:21 |
  • URL |
  • 遊 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。