Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
近況。

学祭はひたすらスポンジボールしてた。
 とある調査に協力しておなじセリフ、同じジョークで50数アクト。延べ120人以上。おなじ手品をこれだけ連発したのはさすがにはじめてだろう。調査結果が楽しみである。


マジック喫茶では忙しいときとか待っているお客さんに少しだけ。
 ペン曲げをやりながら適当にしゃべったセリフが割りと良かったらしく、結構うける。あっというまにペットトリックに昇格。一つのセリフが加わるだけでお気に入りになるってことも結構あるものだ。一瞬だけドキッとさせてすぐにわかるといった演技も楽しくていいなぁ。気楽に見れるしね。


 ワンコインルーティンの前ふりとして「コインをどっちに握ってるか」的なことをやるのだがそこにマッスルパスを投入してみる。9割くらいの確率で引っかかってくれる感じ。手品マニアには「何かやった感」から推測されることが多いマッスルパスであるが、一般の方を相手にする場合そこまで気にしなくて良いのかも知れぬ。もちろん飛ばす際、受ける際のアクションは小さければ小さいほどいいのだけれど。

 マッスルパスの両手の距離が難しい。はなしすぎると飛び移るコインが見えるし、近づけすぎると見えないけれど怪しい。一人相手なら問題ないのだけれど二人以上ならそのつど距離と角度をを考えなければならない。全てに対応できる解(あるいはそれを導く方程式)は存在するのだろうか。今のところ私の感覚では右手から左手に飛ばす場合、向かって最右のお客様を正面にして握りこぶし一個分くらいかなぁと考えている。コインの種類によって光り方が違うからそれも考慮する必要がある。ピカピカの銀貨は良く見えるのに対し、銅貨はある程度肌色に溶け込んでくれる。


 パス(カードの)などもそうだが、「見えないことを重要視するあまり不自然になる」ということは結構あるものだ。うちの大学ではこの傾向が割りと強いように思う。タネを守ろうという意識がそうさせているのだから決して悪いことではないが、時折もったいないなと思ってしまう。しかしどこまでがセーフかを的確に判断し、それをまわりに説得できる人はなかなかいない。そういう人が存在しているかどうか(OBを含め)というのはそのサークルの上手下手に大きくかかわってくると思う。手品が上手くてセンスがあって、みんなから好かれて頼りにされて・・・あぁそんな人一人だけいたなぁ(私主観)。まぁ10数年に一人の逸材といったところか。


 それにしても多少見えてても適切なミスディレクションなどでカバーできるならそっちの方がいいのかどうか。10人中9人は引っかかってすごいインパクトを与えるけれど、一人は気づいてしまうような手品を演じてよいのかどうか。某ダーウィンさんの言うように「技法は完璧でなければいけない。ミスディレクションを用いることで気配すら感じさせない」というのがもちろん究極の理想ではあるのだけれど。全てがそう上手くいくわけではないわけで。大きなインパクトを与えるために時々危ない橋を渡らなきゃならんときもある(そんな手品をするなといわれればそれまでだが)。
 まぁ結局これはセンスの問題なわけで、上手い人というのは総じてこういった感覚が優れているように思う。ストーンさん然り、ダローさん然り。ただこれらの人を見て「いまなんか見えたよね」という人もわりといるから困る。そこら辺の人まで考慮して演じるべきなのかどうなのか。おまけに生で見るのと映像で見るのとでも全然違うだろうし。でも「生で見たらわからないんだよ!」という言葉は同席者以外には説得力が無いのだ。残念。マニアは自分のひっかかった手品を過大評価しがちだしね。



 結局結論はでないのだが、むりに結論付けるなら「まぁ実戦で学ぶしかないよね」といったところか。自分がその演技でどの範囲までミスディレクションを効かせられるか(何人くらい?)は常々意識しておく必要があると思う。私の今の感覚では、カードアンダーザグラスは3人くらいが限界かな。



えーっとなんだこの近況。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

「見えないことを重要視するあまり不自然になる」のは、教える際の判定がわかんないんですよねぇ~(=ω=;
究極的には、「知ってるからこそ『わからないかどうか』はチェックできない」わけですし。
となると、知らない人相手に見せて、「わかってなさそうだぞ?(・_・しめしめ・・・」と判定するしかないですよね。

という話が頭に沸いてきましたけれども、さぁ早く発表の準備の作業にもどらなきゃ;

  • 2007/11/14(水) 13:36:54 |
  • URL |
  • あぶく #-
  • [編集]

>知らない人相手に見せて、「わかってなさそうだぞ?(・_・しめしめ・・・」と判定するしかないですよね。

まさしくそうなのですが、学生の場合、特にステージの場合はなかなかそんな機会が少ないですね。発想段階で先輩に見せたがために潰されてしまった、ということも多々あるんではないかと思います。

そうなるとやはり先を見据えることができて、かつ周りにも説得できる人当たりの良い先輩が欲しくなるわけでして・・・うーん難しい。

まぁそんなことは気にせず発表頑張ってください~

  • 2007/11/16(金) 06:13:00 |
  • URL |
  • 遊 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。