Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
 半年ほど前から飲食店でバイトをしている。マジシャンとしてではなく普通の店員として。店側の人間になってみるといろいろと発見があって非常に面白い。知りたくなかったこともあるけれど。

 接客業なのでお客様の前では間違った日本語を使わないように気をつけている。
「こちら○○セットになります
「ご注文は以上でよろしかったでしょうか
の類いだ。みんなが使って通じるならそれでもいいとは思うし、使う人が多ければそれはもう正しい日本語だと思うが、やはり気になるお客様がいるならできるだけ気をつけるべきであろう。
 私はまだ遭遇したことがないが激怒する(というか絡んでくる)お客様もいるらしい。後ろにたくさん並んでいるのに延々と説教するそうな。こんな安い店で何を期待してるんだお前は、と言った感じである。「日本語云々よりあなたの人間性のほうが嘆かわしいですよ」といってやりたい。さすがに言わないが、そういうお客様に遭遇したときに笑ってしまいそうで怖い。ますます激怒するだろうなぁ。うふふ。


「○○セットになります」が何故駄目なのか。
少し調べたところ、「なる」は変化を表す語であるかららしい。「これから○○セットになるの?いつなるの?今は何なの?」というわけだ。なるほど。そう言われればごもっとも。正しくは「です」、あるいは「ございます」とのこと。「です」はあまりにそっけない、でも「ございます」があまりに堅苦しい。そう悩んだ人々が「なります」を使い始めたそうな。なんだ、心意気は敬語じゃないか。

 「なる」は変化をあらわすからおかしい。では変化すればいいのか。ご飯、あるいは味噌汁をお客様の前に置く直前に「○○セットになります」と言ってから置けば言葉の意味として正しいのではないか。
 先に述べたお客様対して
「『なります』ちゃうやろ、アホ」
「いやたった今、セットに『なりました』。間違っていません」
と言ったらどうなるだろうか。まぁどっちにしろ怒るんだろうな。


そうだ、手品を使えばいいじゃないか。

お釣りを渡すときに
「こちら600円になります」といって500円を渡しながら密かに600円に変えてやればよい。今変わったのだ。お客様の手の上で変わったのだ。うむ、正しい。

逆にこの言葉遣いを手品に利用できないものか。
正しい利用法を世にしらしめるのだ。
「こちらお客様のカードになりまーす」
「こちら鳩になりまーす」

って柳原可奈子かよ。
やばい。ちょーウケるんですけど。



てな事を考えながらバイトしているのでなかなか楽しい。

ちなみに今一番楽しいのはお客様が出した500円を、マッスルパスでレジに投げ込むことです。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。