Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
手品の途中に
「うわあぁぁぁ!」
と大声をあげて観客を驚かす

というのを時々やる。
お客様を (力技で)驚かすだけなので全く持って品が良くないことは承知しているのだが、それでも時々やってしまう。

例えばスポンジボールの演技中
「さわってもいいですか?」
「いいですよー、ちょっと危ないですけど」
「え?何が(ツンツン)」
「うわぁぁ!」

てな具合。

最後にスポンジボールを大きくして
「大きな一個でした~・・・触ってみます?」
「うわぁぁ!!」
ともう一度驚かしてオチをつける。


・・・我ながらあまり良い趣味ではない。でもスコーンとはまるときははまるのだ。親しい友人に見せるときとかにやると結構うける。怒られるときもあるけれど。



 今日もゴーストバンクを後輩に見せながら大声を上げて驚かしていたら別の後輩から「そのネタ好きですねー」と指摘された。うーん、そんなに多用してるかなぁ。しかしこのネタ、誰から学んだものだろうか。ふと気になって、家にあるレクチャービデオや手品ビデオ、そして今までみたいろいろなマジシャンの演技を思い出してみたがそんなことをやってる人はいない(当たり前)。いや、大声で驚かすというシーンはいくつかあるのだが、自分もやる原因となったものがないのだ。いろんな人がやってるのをみるうちに自然にやるようになったのかなぁ・・・


そんななかふと思い出したシーンがあった。

父「おい、これ見てみ」
遊「なに?」
父「よう見ろ。この辺」
遊「んー?」
父「パーーーン!!!」
遊「うわあぁぁぁぁぁ」

 私が幼い頃の風景。こんなジョークを子供の頃よく父にされていた気がする。いや、母からもやられていた。姉からもやられた気がする。てか今でもこの手のジョークはよくやる。

 そうか、これは私の一族の伝統だったのだ。私がこのネタを好きなのは子供の頃から親しんでるからなのだ。なるほどー。

…なるほどー。

いわゆるアレですかね、「おじいさんに教えてもらったもの」。

…親からいろいろと受け継ぐものなんだなぁ・・・。
スポンサーサイト
このページのトップへ

コメント

あれ?

な、なんか最後いい話に着地しませんでした?(・_・

  • 2007/07/29(日) 14:15:19 |
  • URL |
  • あぶく #-
  • [編集]

着地点を見極めずに書き出した話ですから。
しかしまぁ意外に意外な人からうけついでるものです。

  • 2007/07/30(月) 12:51:09 |
  • URL |
  • 遊 #-
  • [編集]
このページのトップへ

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

このページのトップへ

トラックバック

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

07月 « 2017年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。