Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
夢奇房のPが出演する舞台、
近藤奈保妃さんの一人舞台に行ってきました。

近藤奈保妃ひとり芝居『シアワセノカタチ~SEE YOU AGAIN~』
http://www.zota-pro.com/naoki/

Pはクラウン役としてぽつりぽつりと出演。
クラウン、という芸を見るようになったのは
一昨年、夢奇房の6回公演からなので今はまだ興味津々。
期待通り面白かった。
お客様の怒りを買わないようにどこまで踏み込むのか、
笑いながらもちょっとハラハラしてしまう。
あと、ああいうシガーボックスはなかなか見れないので面白い。

芝居の方は初鑑賞。
ミュージカルは何度か見たことがあるんだけれど、
純粋にお芝居、というのは今回が初めて。
最前列かぶりつきでみたこともあって実に迫力ある演技でした。
1演技30分、全部で2時間弱くらいの間、一人でお客様をひきつけるというのは
それだけでもう凄いことに思えるのです。自分には到底できない。

いやはや、凄い舞台だったと思います。
何が凄い、というのは言葉にできないんだけど、
その言葉にできないのが今回見た舞台の特徴なのかなぁと思います。
「不思議」とか「数が多い(ジャグリング)」とか「動きが綺麗」とか、
私が今まで携わってきた舞台や演技は、どれもこれも言葉にできるんだけど、
今回みたお芝居はちょっと言葉にならない。
だからといってつまらなかったというわけではなく、
「次があるならちょっと見てみたいかな」と思わせる。
今までまったく意識してなかったところに響いているのかもしれません。
いろいろお芝居を見ると、この感覚を表す言葉がわかるのかも。

これからも暇をみつけていろいろ見てみようと思います。



さて次、どこで何見ようかな・・・と思ったとき、
参考にするのはやはり手元にある資料。
パンフへの挟み込みチラシはやっぱ重要だなぁと再認識。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

02月 « 2010年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。