Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
というわけで金曜徹夜で作ったのがこれ。

せるふわーきんぐ

 思ったよりいいのができて我ながらびっくり。デザイン→試作→問題点修正→製作・・・とやって5時間くらいかかりました。ためらいなく時間を投資できるのは学生の特権だと思っていたのですが、社会人になってもやる気さえあればできるのですね。かなりしんどいけど。
 ちょっとしたサロンでも使えるように・・・ということである程度大きめにつくったのですがその分スライトは使いにくくなった感。もとがセルフワーキングなので全くかまわないのですが、スライトも使える仕様にしておけばもう少しビジュアルにできる部分もあったような。パームできるか否かというのは手品道具作成において重要な一要素のようです。

 てかデザインを可愛くしすぎた。さすがにちょっと扱いにくいかな・・・適当なセリフを考えてそういう道具だということにしてしまおう。次回作るときはもうちょっとシックなデザインにしてみるか。タロットとかそういう感じのものを組み合わせれば割と落ち着いたものに仕上げられるかもしれない。

 手順の方は最後の1ピースを探している状態。そんなに不思議である必要はないと思うのですが、不思議であるにこしたことはないしなぁ。自分のなかで底を見せるタイプのヒンズーシャッフルフォースやクロスカットフォースはいまいちな気がするのですよ。もちろんきちんとやれば十分に通用するのは知ってるのですが。まぁこの部分が現象の核ではないからさらっと流してもいいし、この枚数ならなんというか「説明できないトリック」的に逃げてしまうことも可能だし・・・とりあえず来週あたり誰かに1回見せてみよう。



ちなみに素材はここのをお借りしました。
「Mixiメッセンジャー用フリーアイコン屋めがぴこ」
素敵なアイコンがいっぱいです。裏模様はYahooのグリーティングカード作成ページから組みあわせて使用しました。裏模様のデザインに一番時間を食った気がする・・・。絵心がある、色彩感覚があるというのはそれだけで尊敬に値するなぁと再認識。ちょっとくらい勉強すべきかもしれない。
スポンサーサイト
このページのトップへ
 数年ぶり(?)に手品を考えています。セルフワーキングの原理があって、現象をちょっと変えて、それようの道具をデザインして、クライマックスをつけて、ルーティンにして・・・というあたりまできました。まだ完成には程遠いのですがこれは久々にお気に入りの手品になりそうな予感です。なんというか自分らしい感じがするのだなぁ。金曜はどうせ終電なくなるだろうから、会社に泊まりこんで工作と思考に没頭する予定。熱が冷める前にある程度の完成にもっていこう。
 「このセリフが言いたい」とか「このポーズをとりたい」とか「この音楽を使いたい」とか、私がひとつの手品を練習し始めるきっかけはいつも妙なきっかけなのですが、今回はその中でもかなりへんな部類だと思います。今回は「こんな名前の手品をしてみたい」から。名前先行型。突如あたまに思い浮かんだ題名から、じゃぁこの手品はどういった現象なのだろう・・・という流れで今に至ります。この手法、けっこういいかもしれん。

 
 某日、夢奇房さんの公演を見ました。実に楽しそうな公演でした。「数名の上手な人が創る」というよりは、みんなでがやがややっているような舞台だったように思います。どっちがいいというわけではないのですが、好き嫌いはあるかもしれないねー。各人がどこまで自由に動いているのか、気になるところであります。
 「カンパ制」という集金方法、500円でチケット売るのとどっちが儲かるのだろう?とやらしいことも考えてみたり。だいたいこういったショーに来る人はそういうのが好きな人なわけだから、意外ともうかるのかな。会場のキャパに比べて集客が少ない場合は儲かるとみました。


 チロルチョコの桜もち味が結構美味しいです。桜味がすきなのかも。そういやさくらリキュールも美味しかったなぁ。このまえ大阪行ったときに飲めばよかった。残念。今度探して買って来ようかな。
 しかし桜味ってなんなのだろう。桜ってあんな味がするのだろうか?


 明日はたぶん手品をやるのだけれど、何をやろう。たぶんサロンなんだけど、貸切じゃないからあんまり騒げないのが痛いな。いつもなら何も準備してない・・・といって即席なネタで済ますのだけれど、今回はリクエストつきな上に幹事だからなぁ。あまりのらりくらりとかわすのも空気よんでない感じ。ふーむ。みんなに酒がまわってしまう前にやらなくては。

 あー、たまにはコインアセンブリとかやりたい。 このページのトップへ
 予定があると忙しいし、予定がないと淋しい。ということは、私にとってこのふたつ、そんなに差はないのである。どっちもそれなりに有意義で、それなりに疲れるのである。なのになんかついつい前者を優遇しているんだなぁ。予定がないときに誘われるとほぼ無条件でうけてしまうのだなぁ。それはそれでいいことだとおもうのだけれど、予定がないってことも大事なんじゃないかと。選択権を保持できるわけですからね。


 突如そんなことに気付いたので今日は「予定がないこと」を守ってみた。ちょっと頑なに守ってみた。多少空気をよまなかった感があるけれど、たまにはいいはず。いいはず。いいはず。いいんだ。うん。今日は「予定がない日」なんだ。


 そう、おかげで今日はミスタードーナッツにいけたのだよ!ミスタードーナッツ!!あぁ私はこの存在を忘れていた!こんな身近に幸せを体感できる場所があったじゃないか。休日とか、たまたま早く帰った日とか、買うチャンスはいくらでもあったのになんで1年近く購入しなかったのだろう。不思議だ。不思議不思議。やっぱ予定がない日ってのは作るもんだなぁ。ドーナッツ!ドーナッツ!1年ぶりだ1年ぶり。ポンデリングとエンゼルフレンチがあればもぅ、なんというか、明日も頑張ろう!!!って気になるじゃないか。いやー幸せだ。こんな幸せな気分になったのは久しぶりだ。本気で踊りそうになった。「アナタハ イマ シアワセデスカ?」ときかれたら「オフコーーース!!」と絶叫したと思うよ。うん。本当に。


 というわけで今からドーナッツ食べます。
このページのトップへ
きちんとお茶をいれて桜餅を食す。すっかり春ですなぁ。
 思えば社会人になって以来、お饅頭とお茶でのんびりする機会なんてほとんどなかったなぁ。学生時代はよく桜餅を食べたもんだ。「桜餅には桜が入っているのですか?」と商店街のおばちゃんに聞いたのもいい思い出。

 そういえば先週はご飯を2回炊いた。社会人になってから合計4回しかたいてないことを考えればこれはもう驚異的な数字である。今年の最初に立てた計画、「朝ごはんをきちんと食べる、食を楽しむ」を忘れないためにも心機一転自炊を増やそうと試みたのだ。こうやって生活の方に気が回りだした、というのは結構いいことかもしれない。


 しかし自炊に意外とお金がかかってびっくり。学生時代はもう少し安上がりで上手にまとめていた気がする。物価の高さなのか私のスキルが落ちたのか・・・うーむ。まぁ1人分しか作らないとやはり効率が悪い。そうそう、東京に来て特に物価が高いとは思わなかったが、先日きざみネギを買おうとしてその高さに驚いた。ネギの価格はそんなにかわらないのに・・・何故だ?人件費が高いのか?




ルービックキューブ
 ようやくF2Lのパターンを覚える気になり、先週の通勤時間はこれに費やした(さすがに電車の中ではやってません。社会人だし)。基本的なところをおさえて、悩みながら組んでいくと現状のタイムとそんなに変わらない感じ(120秒前後)。悩む時間が短縮されれば100秒切るくらいまでは見える気がする。しかし十字が出来上がった瞬間にどこからくみ上げていくか、というのは何によって判断すればいいのだろう?全パターンわかっているなら何も迷うことはないんだけれど。パターンを紹介しているサイトは数あれど、このあたりは皆無。経験的に得るしかないのだろうか。

 スピードキューブの動画を載せているサイトに、マッスルパスの動画も載ってた。なんというか妙な親近感。手品とルービックキューブは両方好きな人が多いのかしら。まぁどっちもひきこもりがちな趣味だからなぁ。・・・そういったイメージを払拭するために「エクストリーム手品」とか「エクストリームルービックキューブ」はどうか。後者はうまくやればメガハウスとかバンダイが協賛してくれそうな気もするけどな。(参考:エクストリームアイロンがけ

 次回からは旅行の際にチャレンジしてみよう。そういえばオーストラリアに行ったとき、空港でオーストラリアンエースをやったなぁ。なにか通ずるものがある。



こんなサイトがありまして。
天国からのメッセージ
試してでたのが下の文章。おおお。2012年楽しみすぎる。

2009年の僕へ        

元気ですか?      
2009年ごろの自分のことを懐かしく思い出します。
僕は87歳で、つまり西暦2070年に寿命を全うして生涯を終えます。
つらい事もあったけど、とっても素敵な生涯だったと思います。
だたひとつだけ、過去の自分に、つまり今のあなたに伝えておきたい事があります。
それは2012年のある暑い日の出来事です。
僕はひょんなことから、ある人物のブリーフケースを預かることになります。
その事が後の人生を大きく左右することになります。
できれば覚えておいてください。

最後にひと言。
87年間生きてみて思ったのは、
「美味しいものを食べることこそ、いちばんの幸せだなぁ」ってこと。

それでは、またいつか。
これから先の人生もチャレンジをおそれずに。

yuより 2070年の天国にて



 アンジェラアキの「手紙」もそうだけど、昔の自分に何かを伝えるなら何をつたえるだろうなぁ。手品はおもしろいけど、あまりのめりこまない方がいいかもよ、とか。まぁそういわれたところで結局やってしまうだろうしなw「工学部よりも理学部の方がキャンパスが近くて部活に集中できるよ」とかどうかしら。これなら聞いてしまいそうで怖い。しかしタイムパラドックス的ななにかはそんなに起こりそうにないな。結局今の仕事してそうだし。学部の友人達がわからなくなるくらいじゃないかしら。
 5歳くらいの自分に伝えるなら「もっと外で遊んだ方がいいよ」だと思う。3つ子の魂100まで、というのは確かにそうかもしれんなぁ。 このページのトップへ
更新したりしなかったり。
元気だったり元気じゃなかったり。
そんなY-modeです。



 会社の近くにトラックで売りに来る果物屋がいるのです。これが安い。妙に安い。メロンが2個で500円とか。普通のメロンとは違うのかなぁ、なんか独自のルートなのかなぁ、いやいやこれはひょっとして何か犯罪なのかもしれないぞ・・・とか思いながら近くを通り過ぎる日々だったのですが、先日ちょいと近づいてみました。あ、「メロン2個500円!」という文字の下になにか書いてある。なになに・・・

「罪な甘さ!!」

 うーん、おもしろい。犯罪かどうか知らないけど、おもしろいからいいや。



 バレンタインですねぇ。社会人になってからのバレンタインというのは学生のときと趣きが違います、いろいろと。いろいろと。
 去年は「バレンタインというのは女性の先制攻撃だからずるい気がする」みたいなことを考えていたのですが、社会人になると女性の方が大変だなぁという気がします。本気で義理について悩まなきゃいけないわけで、それはもうたいへんだろうなぁと。兎角この世は住みにくい。まぁ先制攻撃できるのはラッキーなのだから、相殺でチャラかなぁといった感。
 手帳を見ていて気付いたのだけれど、うるう年でなければバレンタインとホワイトデーは同じ曜日なのですね。意図的に決めたのでなければ、それはなんか素敵な偶然。



大阪で「アヴァンギャルド・チャイナ」という展示を見ました。@国立国際美術館。
http://www.nmao.go.jp/japanese/home.html
 中国の前衛芸術家の作品がいろいろ展示されています。これはもうぜひ見るべき。理解できようができまいが見ておくべき。痺れます。なんかこう、頭蓋骨の裏辺りが活性化するような感覚。順路の前半は比較的軽くて、中盤が重くて、最後は幾分軽め。展示の順番もよく考えられているなと思います。
 ちなみに付き合う前のカップルとか、付き合いだして間もないカップルはいかない方がいいように思います。ふたりとも美術好きとかなら別ですけど。



井上喜久子おねえちゃんが17歳と10000日。
 うわー、おめでとうございます。今も昔もファンです。中学時代、ラジオから流れてくるその自由気ままなトークに夢中でした。CD持ってたりもします。夏の地方公演、イリュージョンの冒頭に流れたオルゴールはお姉ちゃんのCDからです。20000日目指して頑張ってください~
 てか10000日てwwよく考えたら誕生日じゃないのなww



会いたいけど会えない人が夢に出る。
 なんともいえないこのクオリア。こういうのを感じることができるからこそ、生きていて楽しいんだよなぁとか言ってみる。それをプラス思考と見るか、強がりと見るか。
 平安時代の考えでは「好きな人が夢に出る」→「好きな人が夢の中まで会いに来てくれた!」→「あの人も私のことを思ってくれているんだ!」という流れらしいですが、ちょっと待て、お前どんだけプラス思考やねん。これほど見事なプラス思考はそうお目にかかれない気がする。日本人はこの感性をいったいどこにやってしまったのか。
 ちなみに逆パターン、「夢に出ない」→「私のことを思っていない」→「この浮気者!」という流れも存在するので注意が必要です。うん、この感性、失ってよかった気がする。冷静に考えればどっちにしろ幸せな結末がみえないもんなぁ。 このページのトップへ
泡坂先生が亡くなられたらしい。

手品を始めた理由は?ときかれたら
「何となく」としか言いようがないのだけれど、
「なんでそんなに好きになったの?」と聞かれたら
答えは決まっている。

「泡坂妻夫という人がいたからだ」。


ご冥福をお祈りいたします。
本当にありがとうございました。




・・・基本、家ではお酒を飲まないのだけれど
今夜は少しだけ飲もう。
すこしだけ手品について考えよう。
手品の楽しさを教えてくれた偉大なる先輩を偲んで。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

01月 « 2009年02月 » 03月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。