Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
休日。

ルービックキューブ
 とりあえず迷うことなく揃えられるようになり、平均して3分を切るくらいでできるようになった。これ以上早くするにはさらにパターンを覚えなきゃいけない感じ。一応LBL法と呼ばれる方法でそろえているのだが、最初の方ははじめに覚えた普通の(?)方法で揃えているため、通常よりもかなり時間がかかっているのである。今私がやっている方法では1段ずつそろえているのに対し、LBL法では2段同時にそろえていく。そりゃ差が出るよなぁ。そこもパターン化すればおそらく2分は切れるのではないだろうか。

 しかしまぁ、迷いなく揃えれるようになったことで、ある程度目標は達成してしまった感である。会社にルービックキューブが転がっていて、一生そろえられないままよりはそろえられた方がいい気がして始めたルービックキューブである。3分でも普通の人からすれば驚異的な速さだろう。序盤のパターンを覚えて短縮するその1分に何の意味があるのか。別にスピードキューブの大会に出たいわけではない。手品の練習も一見無意味だが、私はいつも演じることを念頭においている。相手が一般のお客様であれマニアであれ、ただ練習するだけの手品なんて私にはないのだ。

 とか思いながらも、今日もまたキューブをまわしているのである。なんで私はこんなにキューブをまわしているのだろう。何が私をひきつけているのだろう?
 友人の日記になにかこのへんのヒントがあったな、と思って探すとすぐに見つかった。これだ。

シカゴ大学の心理学科教授のM/チクセントミハイによれば、
 人が夢中になる条件は
   能力を要求される挑戦的活動であるものであり、
   目標が明確であり、
   行動の是非がすぐにフィードバックされ
   ルールによって拘束される
 ことである。 
  

 うーむ。わたしのルービックキューブは揃えれるようになったことで目標を失ってしまったことになるのだろうか。逆に、なんとか2分切るぞ!というモチベーションがでてくればまだまだ続くのかもしれない。しかしやはり大会に出たいと思うわけではないし、「私ルービックキューブに2分もかかるような男になんか興味ないの」とかいう女の子がいるわけでもない。やはりこのまま私的ブームは終焉を迎えるのだろうか。

 ルービックキューブの面白さはそろえること以外にもあると思うのだがなぁ。もう少し考えてみよう。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

10月 « 2008年11月 » 12月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。