Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
台所洗剤の話。

 「手に優しい」「手荒れしない」という趣旨のキャッチコピーが主流の中、「油汚れに強い!」というキャッチコピーで勝負に出たチャーミーは偉大だと思う、という話を聞いた(読んだのかも)ことがある。この話が本当かどうかは全く知らないし、一体どういう経緯でこの知識を入手するに至ったかも全くおぼえていないので、まぁ都市伝説の類いなのかもしれないが、この話は私の心の中に強く残っており、台所洗剤といえばチャーミーを買うのが決まりになっていた。だって油に強いんだぜ!みたいな。
 私のお勧めはチャーミークイック。『「高速すすぎ成分」の働きにより、食器についた洗剤のヌルつきがすぐにすっきりとれ、すばやくすすげます』というもの。これは本当に素敵。洗った感満喫できるし、すすぎが早いので水が節約できる気もする。・・・しかし「高速すすぎ成分」って何よwww


 そんなチャーミーの新作(?)が「泡のチカラ」である。その名のとおり泡が凄いらしい。従来品に比べて泡の大きさが10分の1であることに加え、ミネラルイオンが2つの界面活性剤をひきつけるためによりはやく油汚れを細かくすることができ、その結果泡が長持ちするとのこと(ウェブサイトより)。前述の「高速すすぎ成分」よりはなんとなく説得力があったので(←なんちゃって理系)思わず買ってしまった。
 うーむ確かに凄い。ちょびっとつけるだけで驚くほど泡が出る。かなりの量を洗ってもスポンジを揉めば泡が湧き出てくる。泡のチカラ、というネーミングに偽りなしだ。すげぇなぁ、ライオンの科学力は!


 ・・・・しかしこれ、泡が出すぎるのである。やかんとかを洗った後にすすごうとすると次から次へと泡が増殖するのでかなり鬱陶しい。おまけに頑丈な泡なのでなかなか消えず、全ての食器を洗い終わったあとに流しに泡だけが残る。前に住んでいた所は排水溝が大きかったためずんずんと流せたのだが、今の家は小さくて流れないのだ。泡だけを流す作業は非常にめんどい、というかなんか淋しい。水も無駄にしている気がするし、こりゃ1人暮らしには向かない洗剤なのかも・・・やはりチャーミークイックが一番だな!
 しかしそう思いつつもちょびっとで泡立つのでなかなか減らないのである。やれやれ・・・すげぇなぁ、ライオンの科学力は!
スポンサーサイト
このページのトップへ
ぬるい食べ物が嫌いだ。

 常温の料理全てが嫌いなわけではない。本来なら「熱いはずの」あるいは「冷たいはずの」料理がぬるいのが許せないのである。自炊であればそんな失敗はめったにおかさない(素麺を茹でてから氷がないことに気付いたときは泣き崩れそうになるが)ので、この怒りは主に外食時、ということになる。熱い料理を頼んだのに熱くないものがでてきた。このときの私の怒りは尋常じゃない。どれくらいかというと、支払い時に必ず言うことにしている「ごちそうさま」がなくなってしまうくらいである。


 吉野家は値段の割にそこそこ食べれるし、家のそばにあるのでよく利用するのだが、この店で一番素晴らしいのは牛丼ではなく味噌汁だと思う。味噌汁自体はたいして美味しくない、というかまぁ平均以下だと思うが、とにかく熱いのだ。尋常じゃなく熱い。猫舌の人なら確実に飲めない。
 学食などでもそうだが、この手のチェーン店は味噌汁を大きな容器に保存していることが多く、必然的に若干ぬるいのである。ところが吉野家では給茶機のようなもの(ボタンを押すと1人分が出る)というものを採用しており、これのおかげか非常に高温の味噌汁を提供できるのである。この熱さが吉野家の味噌汁を「50円に値する」ものに押し上げていることは確実だ。実に素晴らしい。


ところがこの素晴らしさを理解していない店員のいかに多いことか!


定食を頼むと彼らはこういう順番で動くのである。
①お盆を出す
②味噌汁を注ぐ
③厨房から定食が出てくる
④お盆の上に載せる

 ちょっと待てと。どう考えても②と③は逆だろう。せっかくの熱さが台無しじゃないか。君の見込みが完璧で、②~③のタイムラグがほとんどないときは許そう。しかし②~③が30秒近くかかるのならその味噌汁を入れなおせ。あろうことか②と③の間に他の客のお勘定をする店員もいる。私は潔癖ではないからお金を触って消毒していない手で料理を運んできてもちっとも怒らないよ。だが味噌汁がぬるくなるのは許せん。冷めたらあんな味噌汁50円の価値などないのだ。


 私ほどの熟練になると、そのときの店の状況を見て熱い味噌汁が入手可能かどうかを見極められるようになる。店が混んでいる時は難しい。また絶妙のタイミングで食べ終わりそうな人がいるときも難しい。逆に空いているときは簡単かと言うとそうではない。あまりの暇さにホール担当(というのかどうか知らないが)が前述の①、②を一瞬で済ませてしまうからだ。なので店ががらすきの時は丼物を頼んで、それが出されたときに「やっぱり味噌汁もください」と頼むのが正解。これで確実に熱い味噌汁が手に入る。


しかし・・・

「牛丼の並をください」

「お待たせしました~」「やっぱ味噌汁もください」「かしこまりました」

味噌汁ボタンポチッ・・・新たな客出現・・・「いらっしゃいませ~!」


 というのが今日の出来事。数十秒経過した味噌汁が目の前に出されたとき、思わず鳥居みゆきみたいな顔になってしまった。頼む・・・・頼むから味噌汁を入れたら最優先で届けてくれ。十数秒待たせたからって怒る客などめったにいまい。いや、味噌汁のぬるさに怒る客もめったにいないだろうけどさ、むこうはメニュー見たりいろいろやることがあるじゃないか。こちらはその味噌汁だけをただひたすらに待っているのだよ。私の追加注文には味噌汁の熱さという裏の意図があることを汲み取ってくれ・・・


 まぁ「味噌汁、できるだけ熱い状態で持ってきてください」と言えば事足りる話なのかもしれない。しかしバイト達の間で「ほら、あの味噌汁の人また来たよ、クスクス」みたいな状況になってしまうのは非常に耐え難い。「牛丼、ツユダク」みたいに「味噌汁、激アツ」とかできないかな。みんながそうやって注文すればいつしか認められるかもしれない。というわけでだれか協力してください。 このページのトップへ
↑○に入るのは何かわかりますか?
というわけで今日もトマトのお話です。

「なんで嫌いなん?美味しいのに」

とよく言われるのですが、理由なんかわかりません。気がついたら苦手でした。親の好き嫌いは子供の好き嫌いに影響する(親が家で食べないため)と思われますが、両親ともトマトは普通に食べれます。食べまくってお腹をこわしたとかいう経験もないし、トマトが可愛くて食べられないわけでもありません。まぁたぶんおそらく理由なんてないのです。苦手だから苦手。理由を聞かれてもなぁ・・・

そこで上記の質問を受けると最近ではこう返します。


「いや、嫌いなんやなくて、前世がトマトやねん」


 私の中では最ッ高におもしろいジョークなんですが、理解者はあまりいません。切れ味が鋭すぎるのかな?ちなみに元ネタは中国語の教科書。「魚が嫌いなのではなく、前世が魚なのです」とかいう例文。いったい何をどうすればこんな例文がひねり出させるのか。ひょっとしたら中国では当たり前のセリフなのかも。

 私がこの返しを好んで使うのは、もちろんこのジョークが大好きだからですが、もうひとつ、「相手の反応を見たい」という理由があります。これが実に面白い。まず皆さん一瞬固まります。おそらく「ZENSE」という言葉がなかなか認識されないのですね。「ZENSE」が「前世」に変換されてからの反応はいろいろ。

①笑う
②突っ込む 
③流して笑いにする 
④信じる、質問する
⑤困る
⑥無視 
⑦馬鹿にして笑いにする

 ①~③ならお友達。④ならそれはそれで素敵な人。⑤は女の子なら可愛い。⑥と⑦は正直苦手です。トマトを誰の皿にいれるかは無意識にやっていますが、こちらは意図的に相手の反応を観察しています。やる前から大体の予想はつくんですがね、時々予想外のアドリブ力を発揮してくれたり、その逆にまったく対応できない人がいておもしろい。・・・お前何様やねんって感じですが。

 というわけで「前世が○○なんです」ぜひ一度試してみてください。あの人の意外な一面が見れるかもですよ。


 しかし「前世がトマト」→「だからトマト食べれない」という理屈は意外なほどすんなりと受け入れられるので驚きです。この論理に突っ込んできた人は未だいません。ご先祖様(?)は大切に、という意識が働いているのだとしたら現代日本人の道徳心もなかなか捨てたものじゃないのかもしれません。まぁ多くの人はあきれ返っているだけかもしれませんけど。
 ちなみにこの論理が真ならば対偶である「トマトを食べる人は前世がトマトではない」も真です。というわけで冒頭のクイズはこれが答え。なるほど、あの人のあの人も、前世はトマトではなかったのだ。でも見た目はなんとなくトマトに似て・・・・・ごほごほ。


 えーと、前世がトマトかどうかはよくわかりませんが、とにかく私は生のトマトが苦手です。 このページのトップへ
「トマト一個分」

という表現が最近お気に入りです。「この人とはトマト一個分よりも親しいんだなぁ」とか「あぁ、この人とはトマト一個分より離れてるなぁ」という風に使います。まぁ実際は心の中で呟くだけですけど。


 食べ物の好き嫌いは全くといっていいほどないんですが、生のトマトだけは苦手です。「嫌いだけど食べれる」とか言うレベルではなく、食べると確実に嘔吐します。小学校時代、給食で無理やり食べさせられたときはとんでもないことになりました(今なら訴えられるレベルじゃないのかしらw)。あの香りが駄目なんですね。熱が通ると一転して「好き」になるあたりが自分でもよくわからないんですが、とにかく生のトマトは苦手です。

 なので外食してトマトが出たら普通は残すわけですが、それはやはり申し訳ない。料理してくれた人とか、農家の方とか、食べたくても食べれない方に申し訳ない。そこであたりを見回して、その人の皿にトマトを移してもなんというかこう微妙な感じにならない人のお皿に移すわけです。


これができる人が「トマト一個よりも親しい人」


 料理が来た瞬間にやるので箸をつけたり口をつけたりはしません。あと「食べてくれない?」と頼んだりもしません。問答無用でえいって渡します。そのときの相手の反応を観察して楽しんでいる気もする・・・今考えれば結構迷惑な奴かも。もちろんきちんとした場所ではやりませんよ。


 この分類方法(計測方法?)で自分の知り合いを分類してみると・・・・付き合いが長くてもできない人はできないなぁ。逆にほとんど会わなくてもあっさりこの壁を越えている人もいます。うーん実に面白い。面白いけれどわからない。何なんだろう?その差は。まぁとにかくトマト一個分よりも親しい人に、嫌いな人、苦手な人はいないというのは確実ですね。無意識に人を分類しているのかも・・・・・ということを意識しだしてから、トマトが出てくると妙に緊張するようになりました。変なのwww


 というわけで、もしあなたの皿にトマトが移されたら、その人はあなたのこと結構気に入っていると解釈していいんじゃないでしょうか。少なくても嫌いな奴には絶対やりません。これって意外と使える知識じゃないですかね。たとえばこう、みんなでご飯を食べに行ったとき、トマト嫌いのあの娘が誰のお皿にトマトを移すかを観察していれば、彼女が誰に好意をもっているかまるわかりというわけですよ。まぁそこまではいかなくてもトマトをもらえたら「嫌われてはいない」と安心することができるわけです。ほら、あなたも段々トマトの行方が気になりだしたでしょう?


 ちなみにトマトが苦手な人は「トマト苦手だったよね」とあらかじめトマト無しで取り分けてくれる人とか、「トマトもらっていい?」とさりげなく取り除いてくれる人に弱いです。ナチュラルにやられると危うく好きになりそうになります。気になるあの人がトマト嫌いだったらぜひ試してみましょう。効果抜群です・・・たぶん。


えーっと、何の話だっけ?

とにかく私は生のトマトが苦手です。 このページのトップへ
おちこんだりもしたけれど、私はげんきです。

 言わずと知れた魔女の宅急便のキャッチコピーだが、このキャッチコピーは非常に見事。ジブリ映画のキャッチコピーの中ではこれがベストだと思う。ちなみに次点は・・・と思って調べたのだけれどどうも決めかねる感じ。これだけがとびぬけて素晴らしく思えるのは私だけか?

 というわけで、私の近況もそんな感じです。お盆休みもしっかりとって元気にやってます。自分探しの旅にでなくてすみました。


会いたい人
 心が大きく振れたとき(それがプラスであれマイナスであれ)会いたくなる人がいます。報告するわけではない。相談するわけでもない。ただ会いたい。会ってお話したい。そうすることで落ち着く。冷静になれる。次の一手を考えることができる。

 そういう人がいるかどうか、というのは巧く生きていくうえで非常に重要な要素に思えます。こういった関係はなんていうんだろ?親友?友達?うーん、ただの友達とは違う気がするなぁ。決して仲のよさと会いたさに相関関係があるわけではないし・・・・・とにかく今の自分にはそういう人が何人かいて、それはそれはとても素敵なことです。こういった関係を大事にしなければならないなぁと最近よく思います。


 ・・・自分は誰かのそういう存在になれているんだろうか?こちらも努力しなければね。努力する類いのものではないかもしれないけども。



 さぁ休み明けも、ひらりひらりと頑張るぞ。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

07月 « 2008年08月 » 09月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。