Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
ひなまつりで土曜日ですが論文提出のために研究室に缶詰状態です。もっと英語が得意だったらなぁ・・・。

あまりに悲しいので机周辺に転がってるものをあつめてひな人形(らしきもの)を作ってみました。
雛人形?

・・・まぁそんな感じで。彼らに見守られながらがんばってます。

この写真をとるにあたってエルモ(真ん中の赤いの)がきちんと座ってくれず大変苦労し、猛烈に時間を無駄にしました。後ろからコインボックスで支えているのですが、研究室にコインボックスが転がってるあたりが超素敵。

ついでにコインボックス話を少し。

 コインボックスというのは手品道具です。コインがぴったり4枚くらい入る円筒形の金属ケースで様々な手順が考案されています。最近私はこれで遊んでるのですが、いろいろと考えているとやはりボックスをスイッチしたくなります。現象の意外性やクリーンさのためには必須ですからね。さてこのスイッチにどこまでこだわろうかなという話。

 コインマジックの研究家(通称マニア)の方々は意味もなく手が隠れるのを嫌います。何の意味もないのにポケットに入る、机の下に入る・・・こういった行動(もちろん的確なミスディレクションの元にですが)をあまり良しとしません。あくまで「手は常に見られているもの」という認識で手順を組むのでしょう。これはコインマニアに特有のこだわりでないかなぁと思います。コインマジックのレクチャービデオを買ってひょいひょいスチールするのが入ってたら、なんとなくがっかりしちゃうでしょう?しないですか。そうですか。とりあえずコインマニアはそこにこだわります。

 私はマニアではないのですが、どうもその血が少しだけ流れてるようで時折そのこだわりが出現します。単にどっかにおいておくというのはやっぱ嫌なんですね。できるだけ自然な流れで、スイッチ、処理したい。そこに手が動く明確な理由が欲しい。

 でもそれってどうなんでしょうかね。いかにきちんとした理由があれ「ポケットに手を入れた」という記憶はお客様に残ってしまうんじゃないでしょうか?だとしたら大きくミスディレクションをきかして堂々ととってくるほうが魔法に近くなるのかもしれません。このあたりがどうもジレンマです。別の現象を入れるなどしてスチールの瞬間とスイッチの瞬間をできるだけ離せば解決できるのかもしれませんが、それはそれで難しくて危険だなぁ・・・。

・・・まだ当分は遊べそうです。

あ、論文書かなきゃ。
スポンサーサイト
このページのトップへ

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

02月 « 2007年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。