Y-mode

遊の奇術的日ジョウ。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
このページのトップへ
別れが続く
 部活でも研究室でもさよならが一杯。昨年はちっとも寂しさを感じなかったが今年はひしひし。一個上と一個下という近い年代がダブルで去ってしまうからであろうか。こういう状態はM1でないと味わえないのかも知れない。
 もちろんこの情報化社会では会いたいと思えばいつでも簡単に会えるのだけれど、なかなかそうもいかないのが人間の面白さというかなんというか。やはりなにより怖いのは忘れられてしまうことだろう。忘れたくない人と出会える、というのはすごく素敵なことなんだと思う。

勿忘草


 最後だから言えたことがあった。最後まで言えなかったこともあった。これでよかったのかなぁ・・・そんなことをしみじみと考えていると、昔の人が「心は胸にある」と考えた理由がよくわかる。


手品の話。

花束を出せないか?
 ずいぶん前から研究室の面々にこういわれていた。花束を出す、というアイデアは素敵だし、誰もが夢見る現象だが、実際にやるとなると大問題である。「ステージであんなに出してたじゃないか」と先輩に言われたがそこはそれ、なんとも言えない事情があったりなかったり。どっかでそんな話もあったなぁと探したらマジェイアさんのところだった(→参考)やはりみんな困るものらしい。サロンやクロースアップでも難しいが、クロースアップ、まして居酒屋で出せるのだろうか。

時間と費用、現実味を考慮して造花の小さな花束を出すことに決定。これは妥協ではなく、最適解選択である。しかしそれでも難しい。

 結局やったのはコインとハンカチの手順からスチールして出すというもの。当初はスプラッシュボトルのギミックを使って体からとるつもりだったのだがどうも綺麗にできなかった。不安なまま会場に出かけたが、本番直前に素敵過ぎる場所と方法を見つけて急遽変更。なかなかよい出来であった。あまり詳しく書くとタネになるので書きにくいが、お客様の真後ろに仕込むのである。この方法は非常に使えるな、と絶賛自画自賛中。この方法ならハンカチで隠れるものなら何でも出せる。加えて角度にかなり強くて一瞬でセットができる。4人で飲みにいったときとか、二人で並んで座っている時には特に効果抜群。レクチャーノート出そうかしら。まぁ誰かやってるだろうけど。

 しかしある種のあざとさが伴うので評価は賛否両論だろうな。カップアンドボールで玉を転がす感じ、と言えばマニアにはお分かりいただけるだろうか。でも出現までにディレイをかければその感覚は払拭されるかも。このテーマ、組み合わせるマジックもあわせてもう少し考えてみよう。私の大好きな「魔法っぽいマジック」でもあるし。


ちなみに今日の写真は忘れな草コイン。去り行く人にこれほどぴったりな手品もないと思うが、ロマンチックすぎて実演できない。まぁ気軽に見せてもいい手品なんですけどね。個人的にはスターゲイザーと同じくらいパワーのあるエフェクトだと思う。
スポンサーサイト
このページのトップへ
気がつけば一週間ほったらかし。
 いろいろと忙しすぎである。しかし論文や就活だけでなく、卒業旅行いったり遊びに行ったり、バイトしたり手品を考えたりもできているのでそんなに悪くはない。なかなか学生らしい生活がおくれているのではなかろうか。よく言われる「今しか出来ないこと」というのはいろいろなことを一気に楽しむことなのかも知れない。

 卒業旅行の最後、去り行く友人を囲んでふざけまくってみた。数年前とまったく同じだ。部活の練習後、何の用もないのに集まって騒いでたあの頃とまったく変わらなかった。「こんなにじゃれあえるのもこれで最後だ」と思っていたのだけれど、今はそうは思わない。その気さえあればいつだって昔みたいに遊べるだろうな、と思う。懲りないやつ、変わらないやつ、馬鹿なやつばっかだからな、うちの代は。さようならK氏。また会おう。


今日は手品の話題なし。写真も良さげなのがなかったのでごめん。
ごめんコアラ

このページのトップへ
↑知ってる人いる?

明日が面接なのでリクルートスーツを作りに行く(遅すぎ)。春山にするか青山にするか最後の最後まで迷ったのだけれど、小倉優子より松浦亜弥の方がなんとなく強そうなので青山に決定。よその星のお姫様よりは詳しいだろう。
ちなみにwikiによると(←wiki大好きw)
(小倉優子は)マギー審司の奥さんと仲がよく同じ料理学校に通っている。
らしい。へぇーーーーー。いろんな意味で意外。

ゆうこりんはさておき、あややの話。

松浦亜弥といえばマジックマニアの間ではちょっと有名である。数年前彼女はテレビの企画で「プリンセスあやや」と名乗っており、手品を披露していた(見てないけど)。お正月の特番では脱出イリュージョンにも挑戦しており、これは関西でも放映されたので当時手品に狂っていた私はきちんとビデオ録画している。脱出はともかくその後に続く出現は結構不思議で、どうやってるかちっともわからなかった。今見たらわかるのかなぁ・・・。

そういえばこの番組、脱出系にありがちな展開で、失敗と見せかけて・・・・じゃじゃーん!みたいな演出であるのだが、失敗したかもという場面でスタジオのモーニング娘。が泣き出してしまうのだ。当時某巨大掲示板では「かわいい、純粋だ、かわいそう」という擁護派と「演技ですよ、嘘泣きうめぇ」的なアンチ派が真っ向から対立しててなかなか面白かった。まぁどっちでもいいんだけどさ。


あややトランプ



写真は当時発売されていた「アヤヤのハッピーマジックトランプ」。ちゃんとポーカーサイズで手品に使えなくもないくらいの品質。ちなみに私はなぜか2デック所有しており、そのうち一つはなんとインビジブルデック加工がしてある(もらい物)。馬鹿だなぁ。もっと保存状態がよければ将来価値が出るかもしれんね。持ってる人はぜひ保存を。


追記
驚くべきことにまだウェブサイトが残っていた。

http://www.ntv.co.jp/tintin/ayaya/main.html

今見ると結構本格的だなぁ。いくつかはプロも実演しているようなネタである。アドバイスもなかなか的をいている感じ。あとは動画があれば初心者向け手品サイトとしてぴったりだったのにね。 このページのトップへ
ひなまつりで土曜日ですが論文提出のために研究室に缶詰状態です。もっと英語が得意だったらなぁ・・・。

あまりに悲しいので机周辺に転がってるものをあつめてひな人形(らしきもの)を作ってみました。
雛人形?

・・・まぁそんな感じで。彼らに見守られながらがんばってます。

この写真をとるにあたってエルモ(真ん中の赤いの)がきちんと座ってくれず大変苦労し、猛烈に時間を無駄にしました。後ろからコインボックスで支えているのですが、研究室にコインボックスが転がってるあたりが超素敵。

ついでにコインボックス話を少し。

 コインボックスというのは手品道具です。コインがぴったり4枚くらい入る円筒形の金属ケースで様々な手順が考案されています。最近私はこれで遊んでるのですが、いろいろと考えているとやはりボックスをスイッチしたくなります。現象の意外性やクリーンさのためには必須ですからね。さてこのスイッチにどこまでこだわろうかなという話。

 コインマジックの研究家(通称マニア)の方々は意味もなく手が隠れるのを嫌います。何の意味もないのにポケットに入る、机の下に入る・・・こういった行動(もちろん的確なミスディレクションの元にですが)をあまり良しとしません。あくまで「手は常に見られているもの」という認識で手順を組むのでしょう。これはコインマニアに特有のこだわりでないかなぁと思います。コインマジックのレクチャービデオを買ってひょいひょいスチールするのが入ってたら、なんとなくがっかりしちゃうでしょう?しないですか。そうですか。とりあえずコインマニアはそこにこだわります。

 私はマニアではないのですが、どうもその血が少しだけ流れてるようで時折そのこだわりが出現します。単にどっかにおいておくというのはやっぱ嫌なんですね。できるだけ自然な流れで、スイッチ、処理したい。そこに手が動く明確な理由が欲しい。

 でもそれってどうなんでしょうかね。いかにきちんとした理由があれ「ポケットに手を入れた」という記憶はお客様に残ってしまうんじゃないでしょうか?だとしたら大きくミスディレクションをきかして堂々ととってくるほうが魔法に近くなるのかもしれません。このあたりがどうもジレンマです。別の現象を入れるなどしてスチールの瞬間とスイッチの瞬間をできるだけ離せば解決できるのかもしれませんが、それはそれで難しくて危険だなぁ・・・。

・・・まだ当分は遊べそうです。

あ、論文書かなきゃ。 このページのトップへ
遊です、こんにちは。
みなさんわかってたと思いますが第4部はじめます。まだまだ終わりません。のんびりのんびり書いていこうかなぁと思っとります。どうぞよろしく。

第3部はこちら。

あ、設定がいまいちわからないので少し見にくいです。そのうちなおします。ごめん。


さて、先日こんなものを手に入れました。
一見ただの人形に見えますが実は手品の道具です。

ドラのマジック


現象
マジシャンはドラえもんの人形を示します。
お皿の上には何もありません。
ドラえもんを回し、タイムふろしきで皿を覆うと・・・
次の瞬間どらやきが現れます!!!
この出現は本当にビジュアルです!
さらにこの後、驚愕のクライマックスがあります!
ぜひみなさんの目で確かめてください。


カタログ風に書くとこんな感じでしょうか。出現は本当にビジュアルです。不思議かどうかはさておき。クライマックスは本当にあります。
なぜその現象wwwwって感じですけどね。嬉しくっていろんな人に見せたんですがみなさん微妙な感じでした。うっかり。

それにしてもなんでタイムふろしきなんだろう?この道具はwikiによると
現代の風呂敷の形状をした道具。物にふろしきを被せると、その状態から新品のように新しくしたり、ぼろぼろの状態にしたりする事ができる。
そうですが、現象とあってないような気が。ドラマニアの人教えてくれ。
ちなみに
よくドラえもんが壊れた道具を直しながら『この道具ややこしくて、直すの大変なんだ』などと言っているが、これを使って直せばいいという説がある。
だそうです。
・・・・・そっすか。


で、これはどこで手に入るかといいますと、マクドナルドでハッピーセットを買えばついてきます。
これですね。
ハンバーガーとポテトS、飲み物がついて380円。お得な感じ?まぁハンバーガー好きな人は買って見るといいんじゃないかしら。第一弾が欲しい人は3月2日までなのでお早めにどうぞ。コンプリートはする気はありませんが、どこでもドアとマジックミラーは気になるので買ってみようかなぁと思ってます。特にマジックミラー。どんな現象なんだろう?あの薄さで出現、消失が出来るなら驚異的ですがね(何が)。 このページのトップへ

FC2Ad

Information

遊
  • Author: 遊
  • 遊の奇術的日ジョウ。
    奇術無しでも生きられるけど
    奇術無しでは生きたくない。

Search

Calendar

02月 « 2007年03月 » 04月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

 

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク

このブログをリンクに追加する

RSSフィード

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。